解体工事の裏話を知って賢い工事を実施

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

知らないと損する解体費用の落とし穴

解体工事には未だ、不透明なことが多く
一般的に知られていないことも多数あります。

 

解体工事の明かされていない事実を知ることで
解体工事費用で損をすることなく満足いく工事が可能となるのです。

 

住宅施工会社を通した解体工事が費用を増やす

解体工事を行う理由で最も多いのは、新築建て替えの為です。
そして解体工事の落とし穴は、この新築工事の始まりの時に起こるのです。

 

住居の新築を計画して最初に行う事は、
ハウスメーカーや工務店等の住宅施工会社に連絡することです。

 

連絡を受けた住宅施工会社は、
魅力的な新築住居の例を持って訪問します。

 

夢のマイホーム計画の始まりです。
施主様のご要望を伺い、いよいよ見積もり書の提案となるのです。

 

この見積もり書の提出の時に、
解体工事の落とし穴が待ち構えているのです。

 

その落とし穴とは高額な解体費用のことです。
住宅施工会社の計画する解体工事費用は割高なのです。

 

何故、住宅施工会社が行う解体工事が割高なのでしょうか。
住宅施工会社は自ら解体工事を行うわけではありません。

 

グループ内の解体業者へ工事を依頼します。
工事を依頼された解体業者は解体工事を任されます。

 

ところが、この解体業者は殆どの場合実際には工事を行いません。
下請けの解体業者へ工事を依頼します。

 

場合によっては、更にもう1つ下請けに
工事を依頼することもあるのです。

 

では、何故いくつもの解体業者が
中間に存在することになるのでしょうか。

 

住宅施工会社は、複数の新築工事を受け、
更に複数の業者を雇い新築工事やリフォーム工事を行います。

 

業務をたくさん持つ、住宅施工会社の担当者は多忙です。
解体工事の詳細まで手が回らないのです。

 

そこで解体工事の進行は、
グループ内の解体業者に任せてしまいます。

 

しかし、進行を任せられた解体業者も
工事を直接行わず更に下請け業者へ工事を任せるのです。

 

驚くことに、解体工事を依頼された解体業者は
更に下請けに仕事を回すこともあるのです。

 

住宅施工会社と場合によっては2つの解体業者の
中間マージンが発生するのです。

 

こうして住宅施工会社が提案する解体工事は、
高額なものへとなっていくのです。

 

しかも、施主様のご要望については、中間に業者が多く
入るため、よく伝わらないことも多いのです。

 

解体工事の落とし穴にはまらない為に

中間マージンを無くし安価な解体工事を行う方法

 

住宅施工会社が行う高額な解体工事を
避けてもっと安価な解体工事を行うにはどうすればよいでしょうか。

 

その為には、新築工事と解体工事を同時に発注するのではなく
別個で発注する事が必要です。

 

新築工事と解体工事を別々に発注することを
分離発注といいます。

 

中間マージンをなくし質の良い安価な解体工事を行うには、
この分離発注がお勧めです。

 

分離発注を行なう事で解体費用が、
数十万円も安くなった例もありお勧めです。

 

分離発注を簡単に効果的に行う方法

分離発注が良い方法だと分かっても解体業者に
直接工事依頼をするのは、難しいものです。

 

解体業者は、素行も荒く怖いというイメージもあり
敬遠するからです。

 

そんな思いをするくらいなら、少々高くなっても
住宅施工会社に依頼したほうが良いと考える方も多いのです。

 

しかし、分離発注が損をしない為に
重要なポイントだと知った以上なんとかしたいと思いませんか?

 

そこで、超がつくほどお勧めなのが、
見積一括サービスの利用です。

 

一括見積もりサービスは、解体業者に直接連絡をすることなく
優良な業者が探せる画期的なシステムです。

 

一括見積もりサービスに無料の会員登録を行い
物件登録を行うだけで複数の優良業者から見積りを貰えるのです。

 

こうして安価で優良な解体工事を
分離発注することができるのです。

 

他にもある解体費用の落とし穴

安すぎる見積もり書の怖さ

解体工事費用は安いに越したことはありません。
しかし、安さの根拠を正確に把握し判断しないと被害に遭ってしまいます。

 

解体工事費用の見積書の金額を
落とすことは容易にできます。

 

例えば、工期を1日短くすると、
作業員5名で行う作業の場合は、

 

5名×日給10,000円=50,000円
これくらいは減少します。

 

養生シートが必要であるのに見積に記載しないと
30坪の家屋解体で40,000円〜50,000円は減少します。

 

このように見かけだけの見積もり金額の削減は簡単に出来てしまいます。
しかし、見積もり金額を下げる根拠がない見積もりは危険です。

 

解体工事の工期を一日短縮しても実際には無理があるため
手抜き工事や荒っぽい工事で不満だらけの結果になってしまいます。

 

粉塵の拡散防止に不可欠な養生シートをしないで工事を行うことは
近隣住民からのクレームは必至です。

 

安い見積書に明確な根拠がある場合は
歓迎されることです。

 

例えば、廃棄物の分別を機械化して効率を
上げたため、工期が一日短縮できると見積もり書に反映します。

 

このように、明確な理由があり見積もり金額が安い場合は、
その業者を選択する事が正しいでしょう。

 

安すぎる見積書はその根拠を正しく判断することが重要です。
見積もり費用の総額だけを見て判断しないようにしましょう。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」