解体工事の目的を知り生活の役に立てる

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

解体工事はこんな目的で行われています

解体工事はどのような目的で行われるのでしょうか。


解体工事を目的別に挙げ賢い解体業者の利用方法についてご紹介します。

新築のための解体工事

・現在住んでいる住居が古くなった時
・親との同居を機に新築する際

 

このようなケースで新築住居を建てるため
解体工事を実施する事例は多いものです。

 

建て替えを行う際、最も気をつけて欲しい事は
解体工事と建築工事の分離発注です。

 

分離発注とは、文字通り
新築工事を計画する時に

 

・解体工事
・建築工事

 

これらをそれぞれ別々に発注することで、
数十万円も得することがあり得るのです。

 

確かに、分離発注は一手間増えますが、数十万円も得するという
大きなメリットがあるのなら前向きに検討する価値は大いにあるといえます。

 

土地を売却する場合の解体工事

解体工事を行う目的の1つに
土地を売却するという事があります。

 

核家族化や少子高齢化が進み誰も住んでいない家を
売りに出す場合、更地にしたほうが売れやすいためです。

 

住居を解体し更地にした後、土地を売った際
留意すべきことは、租特税がかかることです。

 

土地を売った時の所得時は少ないほうが良いですよね。
この所得税と解体費用が大きな関わりを持つことをご存知ですか?

 

解体工事の費用が必要な経費として認められる制度があるのです。

土地を売るために解体することが明確な時
原則として解体後の1年

 

この2つの条件に該当すれば土地が売れた場合の
税金が違ってくることを知って活用すれば上手に節税できるのです。

 

空家となった家屋の解体工事

・家屋の倒壊
・不審者問題
・衛生問題

 

誰も住むことが無くなった住居で問題が増加しています。
空家となった住居への近隣の住民や自治体からのクレームです。

 

このようなクレームは住居の相続者へ連絡がいきます。
相続者はやむなく解体工事を実施しなくてはならないのです。

 

空家による被害を防止するため住居を解体する場合は
自治体により補助制度がありますのでご活用をお勧めします。

 

住居を撤去し駐車場として利用する場合の解体工事

住居を撤去して駐車場に利用するケースも増えています。
空家として放置し問題となるより土地を有効活用できます。

 

住居を解体し駐車場として利用する場合は
解体工事と駐車場施工工事を併用して行える業者を選びましょう。

 

解体工事にも駐車場施工工事にも使用する
トラックや重機を有効に使用できる分、費用を安くできるからです。

 

但し、解体工事を自ら行う業者でない場合は
中間業者にマージンを取られ費用が高くなる為お勧めできません。

 

どんな目的の解体工事でも複数見積を取ることが重要

・新築工事のため
・土地を売却するため
・空家対策のため
・土地を駐車場として利用するため

 

さまざまな目的で行われる解体工事は
これらの目的を満足させる結果を得ることが重要です。

 

満足できる解体工事は優良な業者選びが大切です。
その為には複数見積もりを比較検討して優良業者を選ぶことです。

 

 

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」