戸建解体の相見積もりを有効活用し費用を削減

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

相見積もりの重要性を認識し有効活用

相見積もりの目的はズバリ費用を競争により安くすることです。
但し前提の条件があります。工事の質は落とさずにという条件です。

 

最低限の費用で安心して安全な
解体工事が実現する事が相見積りの目的を果たすことになります。

 

相見積もりの目的を果たす為には
複数の業者から見積を貰う重要性を知って有効に活用することが必要です。

 

ただ単に費用の総計だけを見て判断するのではなく
必要な項目がしっかり組み込まれた見積もりであるかをチェックします。

 

安全に確実な解体工事が可能な流れで
見積書が作成されているかチェックした上で比較検討する事が重要です。

 

安すぎる見積もり書の危険性

安価な見積書はとても魅力的です。
しかし、余りにも安価な見積書は危険が潜んでいます。

 

解体工事費用を見積上だけで
安くすることは難しいことではありません。

 

本来は必要な項目を省く事で
見積上数十万円はいとも簡単に落ちてしまいます。

 

そんないい加減な見積を提出する
解体業者に工事を依頼すると後でとんでもない目にあってしまいます。

 

  • 必要な養生費用を減らした為、粉塵、騒音トラブルが発生
  • 手作業で行うべき解体を人件費削減のため重機で行い振動による被害を起こす
  • 廃棄費用を減らす為に廃棄物の不法投棄を行なう
  • 見積書には記載がなかった追加工事があとから発生

 

安すぎる見積書を安易に採用すると
このようなトラブルとなってしまいます。

 

見積書を比較検討する場合は
解体価格を構成する要素もしっかりチェックする事が重要です。

 

相場を踏まえた比較検討を行う

安すぎる見積書には注意が必要ですが、
逆に費用が高すぎる見積書もいただけません。

 

高すぎる見積書はその理由を知ることが必要です。
時には家屋の大きさを取り違えている場合もあります。

 

解体家屋の環境を勘違いしているケースもあります。
情報の取り方が違う場合は見積を再提出してもらいましょう。

 

特に理由もなく単に解体費用が高い場合は
業者の候補からは外す事になるでしょう。

 

譲れない事と業者の強みを結びつける

解体工事を行う場合、これだけは外せない事が、
施主様にはあるものです。

 

例えば、解体工事で近隣住民との
トラブルだけは絶対に避けたいなどです。

 

このような場合は事前準備の項目を念入りにチェックします。
施主様のこだわりをきちんと把握し考えた業者の見積書は違うはずです。

 

  • 養生シートの質を良いものにする
  • 防音効果の高い防音壁を使用する
  • 使用する機器類を検討する

 

などの対策が見積書に活かされているはずです。

 

また、解体業者には得意分野と苦手分野があるので
見積もり書から得意な分野であるかを見抜くことも大事です。

 

根拠のある低価格な工事業者の選択

安すぎる見積書は危険ですが、
業者が企業努力を行った結果、低価格となった見積書はお勧めです。

 

相場より安い見積書があった場合は、その根拠を探ることが大切です。
根拠のない見積書は危険ですので近づかないことが重要です。

 

ですが理由がしっかりとした安い見積もりは検討の余地があります。
リサイクル化を促進し廃材処理費用を抑えている業者等がそれにあたります。

 

優良な解体業者は安価な見積の危険性も知っている為、
単に安い見積もりを提案せずその根拠を必ずアピールします。

 

明確な根拠を証明できる安い見積もりは
検討してみる価値が十分あります。

 

相見積もりの重要性は費用削減だけではないのです!

相見積もりを行うと業者はどうしても他の解体業者を意識します。
そして他の業者の価格を意識して見積を作成するので安価な工事費用となるのです。

 

相見積もりのメリットはこの他にもあります。

  • 工事の内容を比較検討出来る
  • 工事のやり方を知ることができる
  • 工事の安全性が測れる

 

というものです。1つの見積書では気がつくことが出来ない
事も合い見積もりで知ることが出来るのです。

 

こうした気づきが出来るのは相見積もりの長所です。
比較検討から知ることができる事実を知って役立てましょう。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」