マニュフェストの意味をよく理解し法的遵守を行う

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

マニフェスト(産業廃棄物管理票)とは

マニフェスト伝票の発行は、廃棄物が適正に処理されることを目的として
廃棄物排出事業者(解体業者等)に対しを義務付けられています。

 

マニフェスト伝票は通称で正式には産業廃棄物管理表といい、
廃棄物処理法(排掃法)により定められています。

 

マニフェストは過去の廃棄物の処理経路を
チェックできるよう5年間保存する義務があります。

 

また、マニフェスト発行や保存に違反した場合は
五年以下の懲役若しくは一千万円以下の罰金という大変厳しい罰則が設けられています。

 

この罰則は処分業者や収集運搬業者等に課せられたものです。
施主様に直接課せられてはいません。

 

しかしご自分が依頼した工事で不法投棄が行われるのは悲しいものです。
こうした違反を防止する為、業者の選択は厳しく行うことが重要です。

 

マニフェスト発行を確実に行うには

業者から業者へ産業廃棄物が移動すると共にマニフェストを渡していきます。
解体業者が解体分別した廃棄物を収集運搬業者へ渡す際にマニフェストを発行します。

 

マニフェストはA票、B1票、B2票、C1票、C2票、D票、E票で構成されています。
マニフェストは廃棄物の種類ごとに処分事業所ごとに交付する必要があります。

 

マニフェストの発行を確実に行うためには、
事前打ち合わせの際、E票コピーの受け渡しを約束しておくことです。

 

工事前に確約しておけば業者は対応をせざるを得ません。
勿論、見積もり書には明確に記載してもらいましょう。

 

尚、解体業者はマニフェスト交付日から90日以内にB2票、D票が180日以内にE票が
返ってこない場合は適切な措置を講じ、都道府県知事等に報告する事ができます。

 

万が一中間処理業者からE票が返送されないという場合は
この事も解体業者へ伝えてきっちりしたチェックを行ないましょう。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」