解体工事におけるアスベスト対策を説明

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

アスベストとは

アスベストとは石綿(いしわた)と呼ばれ天然の繊維状けい酸塩鉱物です。
石綿の繊維は極めて細く体内に吸い込むことで害が発生するものです。

 

WHOの報告では石綿の繊維は
肺がんを引き起こす可能性がある事を伝えています。

 

石綿は保温効果があり断熱材としてビルなどの建築で使用されていました。
しかし、健康被害から昭和50年(1975年)に原則として使用が禁止されました。

 

それ以降屋根や壁に使用している
スレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材等で使用が禁止となりました。

 

石綿の繊維は「飛散する」「吸い込む」事が問題となるため
労働安全衛生法、大気汚染防止法、そして廃棄物処理法で予防や飛散防止が図られています。

 

アスベストによる健康被害

アスベストによる健康被害は石綿を吸い込んでから長い年月を経て発症します。
例えば肺がんを発症するまでの潜伏期間は15年〜40年あると言われています。

 

アスベストによる健康被害には
肺がん、アスベスト肺、悪性中皮腫があります。

 

肺がん

肺がんはアスベストを吸い込む状況となった日から
15年〜40年という長い潜伏期間があります。

 

吸い込んだ量が多いほど
肺がんになる可能性が高くなります。

 

アスベスト肺

アスベスト肺とは肺が線維化してしまう
肺繊維症という病気の一種です。

 

アスベスト粉塵を10年以上吸入した労働者に
発症すると言われています。

 

主な症状は呼吸困難をきたすものです。
じん肺と言われることもある病気です。

 

悪性中皮腫

悪性中皮腫は肺を取り囲む胸膜にできる悪性の腫瘍です。
潜伏期間は20年〜50年と言われています。

 

若い頃にアスベストを吸い込んだ人ほど
悪性中皮腫にかかりやすいと言われています。

 

このようにアスベストによる健康被害は命に関わる重大な症状を発するものです。
従って各法令で予防や飛散防止等が厳格に取り決められています。

 

石綿を扱っている方や扱っていた方は
定期的な健康診断が不可欠です。

 

アスベスト被害にあった場合の治療法

業務上、アスベストの被害に遭いアスベスト肺等の病気を発症した場合は、
労働基準監督署の認定を受け業務上疾病とされると労災保険で治療できます。

 

肺がん、悪性中皮腫の治療法には
外科治療、抗癌剤治療、放射線治療などがあります。

 

解体工事におけるアスベスト

アスベストは石綿の繊維が空気中に
浮遊した状態にある時が最も危険です。

 

解体工事の際危険性が最も高いものは、
吹き付けアスベストの使用です。

 

吹き付けアスベストはマンションの駐車場などに使用されています。
戸建て住宅にはほとんど使用されていないようです。

 

しかし戸建て住宅には屋根材、壁材、天井材として
スレートボードなどが使用されている場合があります。

 

アスベストの使用の有無が明確でない場合は、
使用の有無を問い合わせて明確にすることが必要です。

 

販売業者や工務店などを通じ建築時の業者などに
アスベスト仕様の有無を問い合わせて貰うなどの対応が必要です。

 

万が一アスベストの使用が確認された場合は
解体業者に事実を伝えることが重要です。

 

石綿を吸い込んで直ぐに症状が出ない事を認識し
少しでも不安に感じる場合はきっちりと対応する事をお勧め致します。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」