遺品を不安なく整理し安心して解体工事を行う

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

遺品整理と不用品処理

少子化そして核家族化の進行、更に高齢化社会の遺産として

空家現象が深刻化しています。

 

生まれ育った故郷のご両親が亡くなられ
空家対策として家屋を解体をせざるを得ない事態が増加しているのです。

 

また、ご両親が亡くなられた事を機に
家屋の建て替えを行うことも増えてきました。

 

このようなケースでの解体工事には
不用品整理と遺品整理が欠かせないものです。

 

遺品整理とは

故人が残したもので、思い出となるものは受け継ぎ
不用品は処分することを遺品整理といいます。

 

その際に不要物の処理と仕分けの
お手伝いを行うのが遺品整理業者です。

 

遺品整理サービスの相場は、
2万円〜5万円程度のようです。

 

遺品整理の相場は、
整理する遺品の量によって変わります。

 

軽トラック1台分程度で2万円前後で、
整理する量が増えると価格も上がって行きます。

 

戸建て住居で生活していた方の遺品整理は
到底この程度の不用品では済まないことが予想されます。

 

そういった場合の遺品整理は、整理する物の量も不用品の量も多いので、
出来る限り自力で行う事をお勧めします。

 

不用品の処理は計画的に!

長年にわたり溜め込んだ不用品の整理には
驚く程の時間と費用を要するものです。

 

不用品整理には時間がかかりますが、時間を惜しむあまり
不用品処分を解体業者に任せると高額な処分費用が必要となります。

 

不用品処分はじっくりと腰を据えて
計画的に行う事が費用を削減する事に繋がります。

 

不用品を整理するスケジュールですが、

  1. リサイクルショップで売れるモノを処分
  2. 自治体のゴミ収集を利用して処分
  3. 粗大ゴミ回収業者を利用して処分

という流れがお勧めです。

 

リサイクルショップでの不用品処分

リサイクルできるモノは売れる可能性が高いので
ゴミと考えずリサイクルショップに売ってみましょう。

 

リサイクル料金が必要な家電4品目

冷蔵庫(冷凍庫も含む)、洗濯機、エアコン、テレビを
処分する場合はリサイクル料金が課せられるのです。

 

リサイクル料金は品目やメーカーによって差がありますが、
主要メーカーのリサイクル料金は以下の通りです。

 

主要メーカーのリサイクル料金(税別)

対象商品

冷蔵庫(冷凍庫)

小型(全定格内容量170L以下)3,600円

大型(全定格内容量171L以上)4,600円

冷蔵庫、冷凍冷蔵庫、ワインセラー、チェスト形冷凍庫、引き出し型冷凍庫、等
洗濯機・乾燥機

                    2,400円

洗濯乾燥機、全自動洗濯機、二槽式洗濯機、
ガス式衣類乾燥機、電気式衣類乾燥機、等

エアコン

                    1,500円

マルチエアコン、ウインドタイプ、床置き型セパレートタイプ、壁掛形のセパレートタイプ、等
テレビ

小型(画面サイズが15型以下)1,700円

大型(画面サイズが16型以上)2,700円

液晶テレビ、プラズマ(PDP)テレビ、ブラウン管式テレビ、ブラウン管式VTR内蔵テレビ、等

 

これらの商品を処分するとお金を支払わなければなりませんが、
リサイクルショップで買ってもらえれば逆にお金が入ってくるのです。

 

例えば、15型のテレビを自分で電気屋さんに持っていき
処分して貰うと1,700円の支払いとなります。

 

これをリサイクルショップにわずか300円で売ったとしても
トータルでは2,000円得したことになります。

 

もしテレビを取りに来てもらった場合は
2,000円プラス運賃が加算されます。

 

処分にリサイクル料金がかかる家電4品目は
出来る限りリサイクルすることがとてもお得です。

 

その他の家電もリサイクルへ

家電4品目以外の家電もリサイクルショップへ
売れるものは売ってみましょう。

 

年配の方はモノを大切にされるので
家電も保存状態がいいため売れるものが多いのです。

 

家電以外の商品もリサイクル可能です

家庭用電気製品以外にも

  • DVD、CD、書籍類
  • 着物や洋服類
  • 家具類
  • 時計や宝石

等リサイクル可能な商品は多数あります。
サイトや電話帳で検索すれば直ぐに見つかりますので活用しましょう。

 

自治体のゴミ処理を利用

リサイクルでどうしても処分できなかったものは
自治体のゴミ処理を利用します。

 

ゴミの分別や出し方は市町村で違いが有るため
各市町村役場のホームページをご覧いただき参照ください。

 

リサイクルで処分できなかった商品も
燃えるゴミや粗大ゴミでお安く処分することができます。

 

但し、粗大ゴミも家庭ごみも収集場まで
運ぶ必要がありますので手伝いが必要な場合もあるでしょう。

 

市町村のゴミ回収を根気よく
利用すrことで経費的にはかなり安く収まります。

 

粗大ゴミ回収業者の利用

粗大ゴミが多く分別もできない忙しい方には
ゴミ回収業者の利用があります。

 

粗大ゴミ回収業者を利用するメリットは

  • 家の中から重たいものでも運び出してもらえる
  • 希望する日時に作業できる
  • 電話1本で直ぐに出来る
  • 大抵のものは回収してくれる

等があります。

 

ゴミの回収料金は単品で計算することもできますが、
重量やトラック単位で計算することもできます。

 

各地域でゴミ回収業者を検索し
状況に合わせてご相談頂ければ良いでしょう。

 

遺品整理と不用品整理は時間を作って自らの手で

遺品整理や不用品整理を代行して行ってくれる業者が増えています。
特に遺品整理は遠方で時間がない方にはどうしても必要な場合が多いようです。

 

時間は取り戻すことができない貴重なものなので
遺品整理業者に頼まざるを得ないことはよくわかります。

 

でも、もしも時間が作れる方は
できる限りご自分の手で遺品整理や不用品整理を行うことをお勧めします。

 

故人を偲ぶことも大事ですし
昔重宝していた品物と出会うのも楽しいものです。

 

故人が一生をかけて手に入れたもの、
大切にしていたものを見ることで大切なものを得ることが出来ます。

 

不要物だと思っていた物に
思わぬ宝物がある事だってあり得るのです。

 

仏壇の生抜き

生抜きとはしょうぬきと呼ばれます。
解体工事で仏壇を移動する前お寺の住職に魂を抜いて貰う事です。

 

魂を抜いた後は仮住まいに運んだり仏壇屋さんに預かってもらい
新居完成後魂を入れてもらう一連のことを言います。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」