新築工事を分離発注で

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

新築工事の分離発注

新築工事に必要な工事は様々です。

  • 解体工事、仮設工事、基礎工事
  • 木工事屋根工事、外壁工事
  • 防止工事、桶工事建具工事、ガス工事
  • 塗装工事タイル工事、内装工事
  • 雑工事、給排水衛生設備工事、電気設備工事

等々です。

 

分離発注とはこれらの新築に必要な工事を
それぞれの業者に分けて発注することです。

 

実際にはもっと存在するであろう工事を
自ら発注することでかなりの費用が落とせると思えます。

 

しかし、実際に経験のない人がこれらの
工事を業者に直接依頼することは極めて困難だと言わざるを得ないでしょう。

 

その為、多くの新築工事についてはこの役割を
ハウスメーカーや工務店などの住宅施工会社が行っているのが現状です。

 

住宅施工会社の大きな役割

ハウスメーカー等の住宅施工会社は多数の工事業者と
密接に繋がり取りまとめを行い、施主様からのご要望を満たしていきます。

 

ただ単に各業者へ工事を依頼するだけでなく
施主様と業者との良好な関係構築にも寄与しています。

 

また、工事に関しての近隣住民からの苦情もあります。
このような場合でも住宅施工会社は心強い存在です。

 

近年の新築工事の分離発注

建築士に依頼する方法

近年はテレビ番組などの影響もあり、建築士を通じた
分離発注が増えているようです。

 

建築士に家の設計を依頼し、アドバイスを貰いながら
工事業者と施主様が交渉していくスタイルです。

 

建築士の適切なアドバイスが貰え楽しみながら
住宅施工会社に頼むより安価に新築工事ができるものです。

 

但し、家が完成するまでの時間はかなり長いことを
覚悟して行う事が必要です。

 

分離発注できる工事を選択する方法

新築工事の中で、費用の占める割が大きく
分離発注が可能な工事だけを別途行うことで費用を抑えます。

 

代表的なものが解体工事です。
新築費用を劇的に減らすため多く用いられている方法です。

 

解体工事は見積一括サービスを利用する事で
素人でも時間をかけずに優良な業者選びが可能です。

 

中間マージンがかからない事が費用を安く出来る
最大の要因ですが、近年利用が急増しています。

 

分離発注を上手に利用するには

分離発注は中間マージンを減らす事により
費用を減らす事が出来るものです。

 

しかし、分離発注を行うためにはそれ相応の
時間とエネルギーが必要です。

 

家を新築する場合は、時間と費用のバランスを
考慮し、簡単にできそうな分離発注を行うことがお勧めです。

 

住宅施工会社にはその旨はっきりと
伝え分離発注と上手に組み合わせて行くとよいでしょう。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」