戸建て住宅の新築相場から費用削減するには

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

戸建新築費用の相場

一戸建ての新築費用の相場って
概算でどのくらいなんでしょうか?

 

家を建てる場所の条件は考慮せず
概算で算出するとどのくらいなんでしょうか。

 

土地代は別として、1階が4部屋で風呂、台所付き
2階が3部屋くらいで、2,000万円前後でしょう。

 

これくらいの家が一番よく売れるため
相場としてはほぼ間違い無いと思われます。

 

テレビCMや雑誌で紹介されている
人気の家もこれくらいの相場です。

 

戸建新築費用の相場と費用の差が発生するケース

建設場所が不便なとき

新築費用の相場と実際の費用に
差が発生するケースとして場所の違いがあります。

 

建築工事は大量の資材や機械を
要するものでトラックや重機の出入りが必要です。

 

しかし、家を建てる場所はトラックなどが
出入りできないケースもあります。

 

このようなケースでは人手が多く必要となり
費用が上がる原因となるものです。

 

オプションやコダワリによる費用高

一戸建て住宅を建築する際
せっかく建てるのだから良い材料を使いたい。

 

このような感じで材料やデザインに
こだわりすぎると、いくらでも費用は上がります。

 

オプションの物が増えるほど
建築費用は高くなります。

 

一般的な建材を使用した相場だということを
よく認識しておく事が大切です。

 

家を取り壊して新築するケース

今現在、住んでいる家を取り壊して
新しい家を建設する場合は費用高となります。

 

建売新築や更地に注文住宅を
建てるケースにはない、解体費用が発生するからです。

 

現状、住んでいる家を解体して
新築工事を行う場合は多めの費用が必要です。

 

新築費用を削減するには

新築費用を相場より安く建てるといっても
みすぼらしい家では寂しいものです。

 

お金をかけるところはキッチリ
かけて良い家を建築したいものです。

 

その為には、無駄な費用を抑える
事が重要となります。

 

新築工事で「要らない」と思われる
一番の物は下請けマージンです。

 

テレビや雑誌で新築住宅を見ると、
どうしても大手ハウスメーカーに建築依頼したくなります。

 

しかし、大手ハウスメーカーは自ら工事を
行わず下請け業者に任せます。

 

下請け業者は更に孫請け業者に
工事を依頼するのです。

 

これに比べ、地元の工務店で工事を
依頼すれば下請けマージンは必要ないのです。

 

更に現在住んでいる家の解体工事も
同様に下請けマージンが発生しています。

 

従って、解体工事も分離発注
行うと劇的に費用を削減出来るのです。

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」