新築一戸建て住宅の価値を相場費用より高める

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

一戸建て住宅を相場費用より高める新築のため

家を建てることは一生に一度の高額な
買い物だと誰もが感じることでしょう。

 

大金を投資して建てる家は
支払う費用以上の価値が欲しいものです。

 

高価な家だからこそ、価値のあるものとして
購入したいものです。

 

コストパフォーマンスという言葉が
よく使われるようになってきました。

 

コストパフォーマンスとは、費用対効果のことで
かけた費用に対しどれだけ価値のある効果が出たかです。

 

相場より価値がある家とは
コストパフォーマンスが高い家づくりです。

 

費用対効果が高い家づくりをする為には
建築工事のムダを省いていくことが効果的です。

 

8つの家屋建築費用

家屋の建築工事で要する費用には
次に掲げる8つ項目があります。

  • 敷地調査費
  • 付帯工事費用
  • 各種保険費
  • 本体工事費用
  • 登記費用
  • 金利および各種保証料
  • 雑費
  • 消費税、不動産取得税などの各種税金

これらの費用はどれを見ても
重要なものばかりです。

 

従って、住宅施工会社は8つの項目
に対し必要な費用を計上してきます。

 

しかし、計上される費用がすべて
そのまま必要となるわけではないのです。

 

特に本体工事費用については
施工会社によって差異が発生します。

 

元の金額が大きな割合を占める
本体工事価格を抑えることが鍵となるようです。

 

本体工事費用の削減

諸経費を比較しよう!

本体工事費用の中で、分かりづらいのは
諸経費と呼ばれるものです。

 

諸経費とは、建設会社自体の

  • 減価償却費
  • 社内の光熱費
  • 社用車の燃料費
  • 各種保険費用
  • などを捻出する為の費用と

考えて良いものです。

 

どうして、建築費用の中に住宅施工会社の維持費が?
と違和感を持つ方も多いとは思います。

 

しかし、建築業界に限らず多くの
企業の見積には諸経費が存在するのです。

 

諸経費には、決まりごとは無いため
企業によって違いがあります。

 

複数の住宅施工会社の見積を
取得して諸経費を比較してみましょう。

 

諸経費が極端に安い業者は
注意が必要です。

 

他の項目を高めにすることで
帳尻を合わせることがあるからです。

 

他の項目が変わりなく
諸経費が安い業者はお勧めですね。

 

中間マージンが少ない業者選び

住宅施工会社には、ハウスメーカーと
工務店形式のものが存在します。

 

ハウスメーカーは特設工事を行わない
ケースが多く、工事は外注となります。

 

下請けの専門業者へ本工事が
回されるのです。

 

下請け業者は、その工事を行う場合もありますが、
更に孫請け会社へ回す場合もあるのです。

 

住宅施工会社の新築費用が
他と比べ高い場合があります。

 

このようなケースでは中間マージンが
その原因だと考えて良いでしょう。

 

材料費も工期も同じならば
中間マージンが費用に大きく影響しているのです。

 

一方、工務店形式の住宅施工会社は
中間マージンが少ないケースが多いようです。

 

自社で工事を行えば中間マージンは
必要ないので費用は安くできるのです。

 

こうした、違いを比較するには
住宅施工会社も相見積もりが必要となります。

 

材料の調達に強みを持った業者選び

家屋の費用対効果を高めるため
材料の選別は大きいものです。

 

同じ費用で、材料の違いがあれば
その価値には大きな差が発生します。

 

従って、業者選びの際は良い材料を
安く仕入れることが出来る業者を選ぶことです。

 

スケールメリットを生かし、材料費を落とす
業者も多いものです。

 

スケールメリットとは、材料を多く仕入れる
代わりに価格を下げることです。

 

しかし、スケールメリットを生かした仕入れは
営業担当を多く要します。

 

その結果、諸経費が高くなるケースが
多いので一長一短と思えます。

 

材料に対しては、質の良いものを
安価に仕入れることが出来る業者がお勧めです

 

価値ある家を建てるには

新築住宅を購入する際、多くの人が
ハウスメーカーか工務店か迷うようです。

 

迷う理由には

  • 家を建てた後のアフターフォロー
  • 工事費用
  • 工期
  • 評判
  • 出来栄え

などがあります。

 

そして、いずれかの選択をします。
選択後、いろんな経験をして感想を言います。

 

この感想は、喜びと後悔の2通りです。
2つの全く異なる結果をもたらす原因は何でしょうか。

 

それは、業者選びにかけた手間ひまが
大きく違うケースが多いようです。

 

一生に一度の新築工事をどこに頼むか
徹底的に調べて、業者選びをすることが大切のようです。

 

その為には、相見積もりで比較検討することが
重要な鍵を握っているようです。

 

家の新築は楽しみな、一生に一度のイベントです。
楽しみながら、良い業者選びを行ってください!

 

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」