1戸建解体費用が相場より高くなるケースとは

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

解体費用が相場より高くなるのはどんな場合?

解体費用には相場がありますが、
家屋の立地条件などによって差があります。

 

ですが、解体業者によっては
悪条件を理由に高額な見積をすることも。

 

大切な事は、解体相場より費用
高くなる場合とその理由をしっかり知っておくことです。

 

解体費用の相場より高い場合に
納得できる理由があれば安心です。

 

それでは、いくつかの例を交えて
相場より解体費用が高くなるケースをご紹介しましょう。

 

家屋の立地条件が悪いケース

日本は土地が狭い為、家の前まで
自動車が入れないところが多いものです。

 

自動車が家屋の前まで入れない
ときの解体工事は手作業で行ないます。

 

重機も利用する事が難しいため
昔ながらの方法で解体工事を行ないます。

 

手作業で解体工事を行うには
人手が多く必要となります。

 

人手が多く必要な工事は人件費が
高くなるため、解体費用は割増となるのです。

 

このような条件で費用を検討する場合は、
人件費がどれくらい割高になるのかを明確にしましょう。

 

割高となる人件費分を差し引いた価格を
解体相場と比較出来るからです。

 

悪い条件をネタにして解体費用を
更に高くしていないか検証できるのです。

 

火事、地震などで家が壊れたケース

昨今は、家屋が自然災害、人災で
倒壊するケースが増えています。

 

特に地球温暖化の影響で
自然災害は深刻な状況となっています。

 

不慮の事態に備えて予め
知識を蓄えておくのも重要な準備となります。

 

地震などにより家屋が倒壊した場合は、
家を作っている材料の全てが混じり合います。

 

一般的な解体工事では分別しながら
進めていきます。

 

家屋を作る材料と相談しながら
解体工事を進めていきます。

 

例えば、屋根を解体する前には瓦を
取り除きます。

 

家屋の中の畳や窓などは
予め外しておきます。

 

廃材は分別を確実に行って
処理しなければならないからです。

 

倒壊してしまった家屋は分別に手間ひまが
かかる分、費用が高くなるのです。

 

そして、火災で焼けた家屋の解体費用も
高くなります。

  • 燃え殻の産廃処理費用が高額なこと
  • 分別に手間ひまがかかること、
  • 危険性が大きいこと

が主な理由です。

 

このようなことを知ると火災保険には
是非とも加入しておきたいものですね。

 

特別なケース

解体工事の流れ
効率を考え作成され基本の形があります。

 

しかし、基本だけの内容でない
解体工事が必要なケースがあります

 

  • 家屋にある家具の処分も行いたい
  • 工期を短くしたい
  • 遺品整理をしてもらいたい
  • 隣家とのスペースが極端に少ない状況の解体が必要

このような特別なケースでも費用が割高になります。

 

様々な事情により、特別なオプションを
使用する場合は費用対効果を慎重に検討しましょう。

 

また、解体業者に依頼するより
専門業者に頼む方が得な場合もあります。

 

業者選択も視野にいれ
広い視野で比較検討されることをお勧めします。

 

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」