空き家の強制撤去費用は誰が負担するのか?

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

遂に2016年3月3日空き家撤去、行政代執行開始されました

東京都葛飾区は倒壊の恐れがある空き家を
行政代執行により強制的に撤去開始しました。

 

空き家については、多くの自治体が深刻な悩みを抱え
対応に苦慮していました。

 

空き家問題は2010年、所沢市で条例が制定され
社会問題として捉えられ、年々増加してきました。

 

そのため各自治体は空き家の所有者を探し解体工事などを
根気よくお願い改善を図ろうと努力しました。

 

しかし、多くの所有者が自治体の依頼を聞き入れないため
倒壊の危険性、不衛生、環境悪化を誘発する空き家は増加するばかりです。

 

こうした中、2016年3月、遂に空き家対策特別法に基づき
行政代執行による解体工事が実施されたのです。

 

空き家の強制退去費用は誰の負担?

そこで気になるのが強制的に解体工事が行われた撤去費用。
一体誰がこの費用を支払うかという事です。

 

強制執行を実施した自治体なのか、空き家の所有者なのか?
空き家の所有者としては大きな問題です。

 

気になる答えは「撤去費用は所有者に請求される」というものです。
もちろん、今回の撤去費用も所有者に請求されます。

 

この度の事例では、家屋は30年前から空き家の状態となり
区は10年前から所有者に改善を求めていました。

 

その背景には家が傾いて通行のとき危険であったり
風が吹くたびにガラスやトタンが落ちてきたという近隣住民への不安があったようです。

 

このように、空き家が

  • 倒壊などによる危険性を持つ場合
  • 衛生面で問題を生じる場合
  • 地域の景観や生活環境を損なう場合

空き家の自治体は問題改善に取り組むこととなります。

 

その具体的施策として、
2015年5月26日から「空き家対策特別措置法」が施工されました。

 

空き家対策措置法は今回の事例のように空家の撤去を促し
それに応じない場合は強制撤去もありうる法律です。

 

空き家所有者の義務と責任

空き家所有者の方々にとって空き家対策特別措置法
迷惑な法律に映るかもしれません。

 

しかし、空き家の所有者であるからには、その義務と責任から逃れる事は出来ません。
危険で不衛生、空き家近隣の方の迷惑となる家屋は撤去する以外にありません。

 

空き家撤去を放置知れば、
所有する空き家が原因で事故などが発生した場合所有者の責任は免れません。

 

所有する空き家が原因で迷惑をかけたり
最悪の場合は人身事故も考えられます。

 

その結果、多大な賠償金を請求され今の生活が台無しになることも。
そんなことを考えると、賢明なのは問題が発生する前に対処することです。

 

でも、責任や義務は少しでも安価に済ませたい

空き家をなくすには、家屋を解体するのが一番です。
家屋の解体は専門の業者さんにお任せするのが良い方法です。

 

しかし、一般の生活をしている方は解体工事業者さんを
知るすべがありません。

 

解体工事や業者さんの知識がないため
高額な費用を請求されたり、地域住民とのトラブルになったり。

 

そのような最悪の事態とならないためには
良い業者さんを複数の中から選ぶことが最も大切です。

 

複数の解体工事業者から良い業者を選ぶ?
そんな難しいこと出来ないよ。

 

ご安心ください。
複数の解体業者からベストな業者をこちらで選べます。
                     ↓ ↓ ↓
解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」

 

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」