一戸建て解体工事も構成要素を知り価格交渉を行う

戸建解体費用が100万円以上安くなる方法

ご存知ですか?同じ解体工事なのに
「この方法」だと100万円以上も安くなる事も・・・

100万円以上も安くできる方法はコチラ

解体工事の価格を構成する要素から費用削減

解体工事の価格を構成している要素には、

  • 事前準備
  • 解体工事
  • 建物の付属物の撤去工事
  • 付帯構造物の解体処分
  • 行政官庁への届出
  • 整地作業

等があります。

 

これらの工事を知ることで必要ない費用を発見できたり
解体費用を削減する交渉が出来るかもしれません。

 

解体工事を構成する要素を知って
納得出来る解体価格で工事を行ないましょう。

 

事前準備

解体工事は建設工事の中で最も苦情が多い工事です。
工事前の養生はトラブル防止のため欠かせない要素です。

 

養生という言葉に馴染みがない方が多いと思いますが、
養生というのは保護する、という意味があります。

 

解体工事により発生する埃などは養生シートで拡散を防止します。
騒音は防音シートや防音壁等で養生します。

 

近隣住民への配慮がない解体工事は大きなトラブルを発生させます。
近隣住民とのトラブルは工事を停止させる場合もありますので、出来る限り避けたいものです。

 

養生シートや防音シートは単価をよく見極め
適正であれば惜しまないことが重要です。

 

工事準備の項目の中に重機運搬費用が、
記載されている事があります。

 

重機運搬費用は自社で重機を持ち
運搬用トラックを持つ場合は殆ど記載されないようです。

 

重機やトラックをレンタルする場合に盛り込まれる事が多いようです。
交渉で下げてくれる場合もあるので、打診してみる価値はあります。

 

家屋解体工事

解体工事費用の40%以上の割合を占める家屋解体工事は
家屋の解体から始まり解体により発生した廃棄物の分別処理迄をいいます。

 

解体工事費用には、

  • 解体撤去費用
  • 廃棄物分別費用
  • 運搬費
  • 廃棄処理費用

等があります。

 

費用の大部分を占めるのが人件費です。
解体撤去、廃棄物の分別に関わる人件費がメインです。

 

人件費が如何に大きなウエイトを占めるかという一例を挙げると
廃棄物の分別を行う作業員の日給を8,000円支払うとします。

 

その工事が4日間を要し、分別に5名必要とすると
8,000円×4日間×5名=160,000円必要となるのです。

 

この工事の進捗が悪く一日間伸びたとすると
40,000円も費用が多くかかってしまいます。

 

作業員の方の日給まで口を挟む事は出来ませんが、
無理のない効率の良い作業を心がけている業者を選びたいものです。

 

人件費の重要性を認識している解体業者は
解体作業から分別という一連の流れの中で無駄な事を極力省いています。

 

出来る限り少ない工数で短い時間に
廃材をトラックに積み込み廃棄処分します。

 

人件費の削減に力を入れている業者選びは、質問する事で大旨判断できます。
真っ向から削減に取り組んでいる業者は具体的な回答が返ってくるものです。

 

明確な納得できる答えが返ってくる業者選びが費用を抑える事に繋がります。
効率を追求する解体業者の工事はストレスなく進んで行くのも有難いものです。

 

建物付帯物撤去及び付帯構造物解体

家屋以外のプレハブ、ブロック塀、門柱、庭石に至るまで撤去には費用が発生します。
これらの費用は無視できないほどの費用が発生するものです。

 

ここで、知っておきたいのが鉄くず、アルミクズ、銅、真鍮、ステンレス鋼等の金属は売れるという事です。
アルミサッシやアルミの門扉、水道の蛇口に至るまで買い取りを行うリサイクル業者があります。

 

例えばアルミサッシは135円〜155円/kgで買い取ってくれます。
運賃等の関係で買取が困難な場合でも無料で引き取ってくれる場合もあります。

 

解体費用削減のため大切な考え方は、
全ての廃棄物を解体業者に任せるのではなく安価な処分方法を行うことです。

 

官公庁への届出

リサイクル法で義務付けられている事前届出の作成と届出代行等は、
ご自分で行う手間ひまを考えると素直に代行をお願いしたほうが良いようです。

 

一般的には8,000円〜10,000円くらいが相場です。
これ以上の場合はその理由を聞いてみると良いでしょう。

 

整地作業、その他

整地作業は全ての廃材の撤去が終わったあと
地中をチェックし、異常なければ地面を整える作業です。

 

一般的には生地作業後、施主様による確認が行われ
引渡しが行われ工事が完了となります。

 

整地作業の費用を見積に記載する業者もあれば
見積もり書には載せない業者もあります。

 

悪質な業者で整地作業費用を追加費用で請求することもあるため、
見積書の記載がないときは事前に尋ねる事が大事です。

 

諸経費とは

解体工事に限らず諸経費ほど中身の分からないものはありません。
諸経費とだけ記載され結構高額な価格が記載されています。

 

諸経費は工事費用総額の5%〜30%位で計算されます。
諸経費により企業維持費を確保しているのです。

 

諸経費の捉え方として安いから良いとも限りません。
諸経費を安くして他の費用を上げることも可能です。

 

分かりづらい諸経費にとらわれすぎては時間がもったいないため
他の費用とのバランスを見ると良いでしょう。

 

解体工事を構成する要素の比較検討

解体工事を構成する要素を知ることで、

  • それぞれの項目の相場を知ることができる
  • 解体工事に必要な項目が分かる
  • 総額を構成する詳細が分かる

というメリットがあります。

 

工事を構成する項目の相場が分かれば、
見積り書の誤りを発見できたり、業者の質を観ることができます。

 

相場からかけ離れた見積り金額の項目を
ピックアップして比較検討することができます。

 

解体工事に必要な項目が分かることで
工事項目の漏れが発見でき、追加工事などの問題がなくなります。

 

工事費用の総額を構成する詳細項目を知ることで、
間違いない見積もりであることが実証されます。

 

工事の詳細と価格を比較検討することで
異常な費用が存在した場合発見出来るものです。

 

解体工事の価格を構成する要素は、
見積り書の表現によっても若干違います。

 

不明な点は遠慮せずに尋ねて理解するようにしましょう。
解体価格を構成する要素に違いがあれば費用は大幅に違ってくるのです。

 

 

早く!安く!安全に!戸建解体できる方法

わずか数分の作業で、戸建解体費用が
100万円以上安くなるのも珍しくありません

解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」